2014温泉日記  東鳴子温泉「勘七湯」に素泊まり

東鳴子温泉「勘七湯」で宿泊しました。

今回は「平日限定セルフプラン」です。

浴衣、歯ブラシ、手ぬぐいが付かないで泊まるだけ。それで、4,000円(税抜き)


食事が出ないので、食料を買って宿に到着

すると、宿の人が驚く

あら?

「お待ちください」と言われ座って待つ。

泊まる日の午前中に予約したからなぁ~~

でも、「食事なしなので布団さえあれば」と思い待つ。

セルフプランなので食事が付かない旨確認。

そして部屋に案内

トイレ付きの部屋です。

自分で敷くはずの布団は既に敷いていありました。

画像


飲み物を冷蔵庫に入れて準備OK

汗をかいたのでお風呂に行くぞー

持参のタオル類をバックから出す

アレ。アレアレ

ステテコ忘れたーーーー

ガ━━━━━━∑(゚д゚lll)━━━━━━ン

仕方ない


大浴場は誰もいないので、貸し切り状態

熱すぎないお湯はサッパリだーーー

半身浴でも汗がドンドンでる。

あがってゴロゴロ

自分の時間で食べるので気ままだ♪


晩御飯は

画像


ミニ天丼。焼き鳥(皮)。そしてハイボール

あと、ほうれん草の煮浸し

もうこれで満足。


TVを見ながらゴロゴロ


ふと目が覚めると3時

はぁ?

電気をつけたまま寝たみたい(^^;)消して寝ます。


目覚めると日差しが差し込んでいる

時計を見ると5時

お風呂に行くさ

じっくり入って汗をたっぷりかきます。

あぁー気持ちいい

再びゴロゴロする。

廊下からは「お食事お持ちしましたー」の声がする。

おぉ、兄以外にも泊まっている人がいたんだ

あんまり静かだから兄一人の宿泊かと思ってましたよ。(;´∀`)



朝食はパン
画像



「香るミルク」はほんのりとリンゴの香りがします。
画像


食べたら、チェックアウト。

ネット決済なので、入湯税150円だけ現金支払いして宿を後にします。



気になっていた日帰りの施設「しんとろの湯」へ行きます。
画像


自販機でチケットを購入420円

兄が入るとおじいさんが一人先客

コインロッカーが100円で戻ってこないらしい

一人なので使わない。

体を洗ってお湯に入る。

うん。熱過ぎないない。丁度いい湯

おぉーヌルヌルのお湯だ。これが中山平温泉の素敵なお湯。
画像


温泉成分のメタケイ酸が493mg

50以上が温泉と認定される基準らしいので、この数値の高さは凄いね。

露天風呂はないけど源泉かけ流しのお湯は気持ちがいい

兄があがるころになってドンドンお客さんがきた。

早めに来ておいてよかった

脱衣室から出ると休憩できるスペースあり

「交流室」というらしい。

そこで休憩。

あがってからもさっぱりです。

寝ている人や、なにやら食べている人もいる。

これはいい。

さぁー「道の駅」でお土産買って帰ります。

温泉三昧の一泊でした。

"2014温泉日記  東鳴子温泉「勘七湯」に素泊まり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント