2015温泉日記 東鳴子温泉「いさぜん旅館」 晩御飯など

目が覚めると19時過ぎだ。

晩御飯にしますかね。冷蔵庫から買ってきたものを出します。ジャーン

ネギトロ巻とミックス刺身
画像


これで充分。(*^m^*) ムフッ

宿には調味料はないのだ。醤油が無いでも、寿司に付いてきたので助かったC=(^◇^ ;

これで刺身の分も補える(^^;)

もう一度温泉にいきまーす。

今度は、混浴の浴槽にいきますよ。

誰かいるかな、覗いてみます。[壁]‥)

誰もいない
画像


まずは「炭酸泉」

ぬるめのお湯だけど、つかっているうちに足の先がピリピリしてきた。

皮膚に泡が付いてきた。これが炭酸の証だね。

あ゙あぁーーいいわーヽ(  ´  ∇  `  )ノ


次は、隣の「純重曹泉」

ポカポカになってあがります。

結局誰も入ってくることなく、貸し切り状態だった。

…まぁ、それはそれで良しとしよう。

脱衣室を出ると猫がいた。

寄ってくるかと声を変えてみたが、来なかった残念。

部屋に戻って本を読んだりして過ごします。

ハイボールをグイっとやればあっと言う間に眠りの世界へ

朝風呂に入り損ねないようにアラームをセットして休みます


アラームで目が覚めた。

外は天気だ。鳥の鳴き声と電車の通過する音が聞こえます。

どれ、昨日と同じ炭酸のお風呂に入ります。

あぁーー、寝起きには、ぬるめの風呂がちょうどいいねぇ

さっとあがり、ゴロゴロしてから朝食のパンを頂きます。
画像


そして、今日の予定を考えながら2度寝。

さて、布団をあげて、使った食器を洗って片づけをしてチェックアウト。



向かうのは「鳴子峡」見頃は終わっているらしいけど、行ってみる。

画像


青空に映えていい感じです。

鳴子の足湯 「足湯 下地獄源泉」にも寄ります。

側で温泉玉子が無料で作れる「温泉たまご工房」があるので、目当ての人が何人もいた。

ちょいと、覗くと注意書きに「お一人様2ケまで」と書いてあるのに、どっさり作ろうとしている人がいる。(玉子1パック)

うーん、どうなんだろう。

さて、足湯だ。ジョボンと足を入れてみます。

アッチ!

今日は熱いなぁー。3分も足を入れていると真っ赤だよ。

画像


どこかので日帰り温泉に入ろうかな~と思っていたけど、ポカポカになったので帰りま~す。

おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント